トップページ

昭和50年代に群馬県の高崎市に生まれた私は地元の自然豊かな環境ですくすくと成長した。しかし若干の容姿や体型(背が極端に低く小学生から体重が80キロあるデブ)のおかげで女には全く縁がない日々を送ることになった。思春期が芽生える中学校からはクラスの女から虫けらのように扱われた。私はそのような地獄のような環境でも決して挫けなかった。高校に入り女と話したい気持ちと抑えられない性欲を解消するためだけにバイトに明け暮れてバイト代の全額を高崎のキャバクラや風俗につぎ込んだ。当時は今とは違い高校生である私でも殆どのキャバクラや風俗に行くことが出来る色々と緩い時代だった。最近ではガールズバー、オッパブなども楽しみだすようになり遊びの幅も広がった。

若い時代から素人女に縁が無いということを理解した為、働く原動力を全て夜遊びで培ってきた私は自然と人より努力して稼ごうという意欲は強くなった。給料日などはキャバクラ嬢のセクシーな衣装、オッパブ嬢の妖艶な体、風俗嬢との濃厚なプレイを想像して仕事中に勃起が収まらないほどだ。高校時代から30年間以上高崎の歓楽街を歩いてきた私が高崎の最高に楽しめるスポットを紹介して行こうと思う。

コメントを残す